高額療養費制度について

こんにちはミムです。

今回は、月間の医療費の自己負担額が一定額を超えた場合、その超過分を請求をすれば、後で返金を受け取ることが出来る制度である。「高額療養費制度」について書きます。

 

月間の治療費の自己負担限度額が決まっている

f:id:mimu1048:20191113221841j:image

 

月間の医療費の自己負担限度額は、上の写真の通り「年収」で決まります。

 

年収が370万円に収まる人が、仮に月に医療費1500000円かかった場合。

1ヶ月入院したら57600円は自己負担です。

高額療養費制度を活用すると、392400円が帰ってきます。

 

計算方法

①・医療費1500000円÷健康保険3割負担=450000円

②・自己負担限度額:57600円(自分で払うその月の最大の金額)

③・①(450000円)-②(57600円)=392400円「高額療養費として返金される額」

 

 

年収が370万以上770万円以下の人が仮に医療費1500000万円かかった場合。

1ヶ月入院したら924300円は自己負担です。

高額療養費制度を活用すると、357570円が帰ってきます。

 

計算方法

①・医療費1500000円÷健康保険3割負担=450000円

②・自己負担限度額:80100円+(1500000円-267000円)×1%=92430円

③・①(450000円)-②(92430円)357570円「高額療養費として返金される額」

 

3割の自己負担で困った時の解決方法

高額療養費制度は申請してから約3か月後に入金されます。

仮に1500000円の医療費がかかったら450000円は一旦自己負担をしなくてはならない為、一時的に大きな負担となってしまいます。

そういった困った場合に利用できる制度が2つあります。

 

健康保険限度額適用認定証

「限度額適用認定証」を保険証と併せて医療機関などへの窓口に提示すると、1カ月の窓口での支払額高額療養費制度を活用すると、392400円が帰ってきます。自己負担限度額までとなります。

予め医療費が高額になると分かった場合は取得しておくと良いでしょう。

www.kyoukaikenpo.or.jp

 

高額医療費貸付制度

突然の事故にあったり、急に倒れて入院した場合は、健康保険限度額適用認定証を準備する事は出来ません。

その時に利用したいのが「高額医療費貸付制度」です。

無利子で、「高額療養費支給見込額の8割相当額」の貸付が利用できます。

www.kyoukaikenpo.or.jp

 

参考にした本


 

 

みんなが欲しかった! FPの教科書 3級 2019-2020年 (みんなが欲しかった! シリーズ)

みんなが欲しかった! FPの教科書 3級 2019-2020年 (みんなが欲しかった! シリーズ)

 

 

社会保険 政治ブログ・テーマ
社会保険