つみたてNISA(少額投資非課税制度)とは

 

 

こんにちはミムです。

2018年1月から、つみたてNISA(少額投資非課税制度)という少額から長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度が出来ました。iDeCoやNISAといった制度より、まず万人にお勧めできるは、このつみたてNISAです。

今回は、そのメリットや制度について書いていこうと思います。

 

つみたてNISAのメリット

分配金、売却(譲渡)益が非課税

通常、特定口座や一般口座を利用して、投資信託という商品を買った場合に、分配金*1や売却益*2が発生した場合、20.315%の税金がかかります。

しかし、非課税(つみたてNISA)口座にて投資信託を購入すると、これらが非課税になります。

f:id:mimu1048:20191111231538j:plain

非課税期間は購入してから20年間 

毎年の非課税投資枠の非課税期間は最長20年間。

非課税口座の開設が可能期間は2018年から2037年までの20年間です。

2037年に口座開設すると、その年の最大40万円だけが2056年まで非課税になりますので出来るだけ早めに口座開設する事をオススメします。

 

2018年の投資枠内で買い付けをした場合、20年後の2037年に資産を売却したり、特定口座へ資産を移管し、運用し続けることも可能です。

資産は投資元本になるため非課税ですが、特定口座でその元本を運用し、分配金や売却益が出た場合には課税の対象となります。

f:id:mimu1048:20191112000229j:plain

 

購入手数料が無料

株式などを購入する際に手数料が写真のように取られますが、非課税口座であれば購入時の手数料が無料(ノーロード)の商品しか扱っていません。

f:id:mimu1048:20191111233451j:plain

 

少額から投資が可能

つみたてNISAは100円から買い付けが可能です。 

投資に慣れていない人は、毎月100円から投資が可能なので、この制度があるうちに投資に触れておくのも良い機会だと思います。

毎月自動で設定した日にちに買付を行ってくれるため、投資に関する知識を身に着けながら積立てることが可能です。

 

ドルコスト平均法」という時間の分散投資

同じ時期の間隔で、同じ金額で、同じ投資商品を買い続ける方法をドルコスト平均法といいます。

つみたてNISAでは、毎月自動で同じ金額で、同じ商品を購入する事ができるため、投資信託の基準価格が安い時は多く、基準価格が高い時は少なく購入することにより、結果として平均購入価格を安くすることができます。

f:id:mimu1048:20191112011417j:plain

 

非課税での購入は毎年40万円まで

非課税口座を通じて購入できる限度額(非課税投資枠)は、毎年40万円(20年間で最大800万円)までです。

得られた分配金を再投資した場合でも、その分の投資枠を使用したことになります。

40万円を超える分は課税口座で買い付けされます。

例えば、39万円投資元本を入れて、分配金が11700円でて、再投資すると、1700円分は課税口座にて買い付けされます。

 

使わなかった場合

例えば、前年非課税口座を15万しか使わなかった場合でも、今年の投資枠は40万円までで、繰り越して65万円にする事はできません。

また、30万円まで枠を使った投資信託を売却しても、残りの投資枠は10万円のままで、40万円にならず、再利用する事は出来ません。

 

対象者

日本国内に住んでいて、20歳以上の人が対象です。

19歳以下の人はジュニアNISAの対象です。

 

口座の数

非課税(つみたてNISA)口座は、全ての金融機関を通じて、ひとり1口座までで、複数の非課税口座を持つことはできません。

買いたい商品がなく、金融機関を変えたい場合は、移管手続きをする必要があります。

 

投資商品

投資信託は写真の通りです。

2019年11月現在、私は一番上の「楽天・全米株式インデックス・ファンド」という商品を積立て購入しています。この商品は他の投資家から「楽天VTI」と呼ばれています。

アメリカの約3500社に分散投資をしているVTIという上場投資信託のベビーファンドにあたります。

 

※私個人がこの商品を買っているだけで、この商品を推奨するものではありません。

購入する際には、目論見書に目を通して理解したり、投資は元本保証ではない為、含み損する事もあると言う事を忘れずに、なるべく自分で判断するようにしましょう。

損をしても一切の責任は負いませんのでご了承ください。

f:id:mimu1048:20191112003032j:plain

 

オススメのネット証券会社

私は非課税(つみたてNISA)口座は楽天証券で開設しています。

つみたてNISAをするだけなら楽天証券がおすすめです。

米国ETFを自動買付するのであればもしくはSBI証券をオススメします。

もしくは両方で「特定口座」の「源泉徴収あり」を持つのも良いでしょう。

 

シミュレーション

毎月33000円を20年間貯蓄すると792万円。

毎月33000円を20年間5%で運用すると1356万円。

20年間で564万円程度の差がでます。

3%で運用しても、1080万円になりますので、288万円の差が出ます。

f:id:mimu1048:20191112005819j:plain

 

シミュレーションサイトがあるのでお試し下さい。

www.rakuten-sec.co.jp

 

おわりに

まずは、証券会社にて口座を開設するところから始めましょう。

楽天証券の口座をもつと、楽天銀行の口座も作ったり、楽天会員になったりする手間もありますので、焦らずゆっくりと1歩ずつ前進していきましょう。

Twitterで良い投資家さんがブログにて、分かりやすく投資商品について分析してくれていたりもするので、見つけてみて勉強するのも良いと思います。

またYouTubeでも分かりやすく解説してくれている人もいますので、是非探してみて下さい。

今後、私も証券口座の開設の仕方や、商品買い付けのやり方についてブログに書いていくつもりですので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

*1:投資信託の収益から投資家に還元するお金

*2:取得時の価格と売却時の価格の差から得られるお金