「楽天会員の登録」と「楽天カードの作成」の手順

 

こんにちは、ミムです。

私は楽天経済圏*1を活用するべく、2019年の4月頃に楽天会員になりました。

まず、この楽天経済圏を活用するには、楽天会員の登録」楽天カードの作成」がファーストステップになりますので、その手順を説明させていただきます。

 

既にクレジットカードの種類を決めている人は【「楽天会員の登録」と「楽天カードの作成」を同時に行う手順】を読んでください。

まだ迷っているため、楽天会員の登録だけ行いたい人は【「楽天会員の登録のみ」の手順】をお読みくださいませ。 

 

今回の「楽天会員の登録」と「楽天カード作成」でポイント還元率が3倍になります。

100円の商品で、3円戻ってくる計算です。

100円×0.03%=3

今後、別の記事で無料で倍率を高める方法を紹介していこうと思います。

プレミアムカードは有料ですが常時ポイント倍率が5倍になります。

f:id:mimu1048:20191104202843j:plain

 

 

1.「楽天会員の登録」と「楽天カードの作成」を同時に行う手順

クレジットカードのお申し込み|楽天カードのページを開きます。

作りたいカードの脇にある「カードをつくる」をクリックします。

f:id:mimu1048:20191023232422j:plain

 

次の画面に進みますので、緑の「楽天会員でない方」をクリックします。

f:id:mimu1048:20191023232634j:plain

 

 ブランドとカードの選択を行います。

f:id:mimu1048:20191023232913j:plain

 

名前、性別、生年月日を入力します。

f:id:mimu1048:20191023233127j:plain

 

携帯番号とメールアドレスの登録を行います。

スマートフォンをチェックのところは、チェックしなくても良いです。

f:id:mimu1048:20191023233835j:plain

 

楽天カード楽天ポイントカードからのお知らせは、私は受け取っていません。

ご自身の判断でどちらかを選んでください。

f:id:mimu1048:20191023234137j:plain

 

住所、家族、世帯人数を入力します。

f:id:mimu1048:20191023234744j:plain

 

居住状況、居住年数、住宅ローンの有無、勤め先、預貯金、請求書送付先を入力します。

f:id:mimu1048:20191023235151j:plain

 

カード利用の目的、他社からの借入、Edy機能付帯を入力します。

私はEdyを付けていません。後でも付帯する事は可能です。

f:id:mimu1048:20191023235849j:plain

 

クレジットの引き落とし口座を選択します。

f:id:mimu1048:20191024000244j:plain

 

選択した銀行の暗証番号を入力し、次へをクリック。

f:id:mimu1048:20191024000442j:plain

 

勤務先の名前、勤務先所在地、勤務先電話番号、勤続年数を入力します。

f:id:mimu1048:20191024000749j:plain

 

職種、職業、業種、運転免許証の確認を入力します。

運転免許証のところは「あり」を選択してください。

「運転免許証番号」が必要になりますので「免許証」の用意をして下さい。

入力できましたら、次へをクリック。

f:id:mimu1048:20191024001307j:plain

 

楽天会員の情報を確認しましょう。

楽天会員ユーザーIDは使用頻度が高い為、必ずメモしましょう。

f:id:mimu1048:20191024002024j:plain

 

パスワードを設定します。このパスワードはIDと一緒に使用するものなので、コチラも必ずメモしましょう。※忘れても変更を行い、ログインする事は可能です。

ニュースは受け取らず、次へをクリックします。

f:id:mimu1048:20191024002335j:plain

 

 

クレジットの引き落とし口座の情報を入力していきます。

記入が出来たら、写真にはありませんが、サイト画面を下にスクロールすると、「入力内容の確認へ」とあるので、クリックします。

f:id:mimu1048:20191024002640j:plain

 

 入力した情報が間違っていないか確認を行います。

間違っていなければ、「金融機関へ申し込む」をクリック。

f:id:mimu1048:20191024003203j:plain

 

金融機関のサイトに移動したら、キャッシュカード暗証を入力し、ログインします。 

f:id:mimu1048:20191024004440j:plain

 

 本人確認の為、生年月日を入力。

口座振替契約にチェックを入れ「口座振替申込」をクリック。

f:id:mimu1048:20191024004546j:plain

 

楽天のページに戻りますので、再度氏名、生年月日、住所を確認。

「WEB明細サービス利用規約」にチェックを入れます。

f:id:mimu1048:20191024004737j:plain

 

これで最後です。

「WEB書面サービス利用規約」と「同意」にチェックを入れ、クレジットの申込と楽天会員の登録を同時に完了します。

最後までお疲れ様でした。

あとは、クレジットカードが届くのを待ちます。

f:id:mimu1048:20191024004900j:plain

 

2.「楽天会員の登録のみ」の手順

まずは、 楽天会員登録|会員費無料のページを開いていただき、「楽天会員に登録する」をクリックします。

f:id:mimu1048:20191018170706p:plain


次のページに進んだら、メールアドレス、使用するIDの選択、パスワードの設定

、氏名の入力を行い、同意をします。

f:id:mimu1048:20191018171704p:plain

f:id:mimu1048:20191018171753p:plain

 

次のページを開いたら、入力の確認を行います。

楽天会員ニュースは、チェックを外しましょう。

チェックを外し忘れても後で設定できます。

登録を押して終了です。

f:id:mimu1048:20191018172006p:plain

f:id:mimu1048:20191018172018p:plain

 

メリット

年会費は無料で、楽天市場で買い物をすると、還元率が3%と常に高い水準を誇ります。更に、楽天経済圏を活用することにより、還元率を常時6.5%にまで引き上げる事も可能です。

100円で3円なので、1万円の買い物をすると300円が戻ってくる計算になります。

貯まったポイントは、楽天モバイルの支払い、日常生活でのクレジットでの支払い、投資などにも使える為、汎用性はかなり高いのが特徴です。

デメリット

・色々なサービスがあるため、情報の整理が難しい。

・ポイントを貯める仕組みを構築するのに時間がかかる。

*1:楽天経済圏とは、楽天市場を中心としたサービス、楽天でんきや楽天モバイル楽天証券といった楽天が提供するサービス。これらを利用する事により、楽天ポイントの還元率を高め、その戻ってきたポイントを有効活用することにより、節約を行い、資産を増やしていくことが出来ます。