電力会社の変更の仕方

 

電力会社の変更の仕方

こんにちは、ミムです。

今回は、電力会社の変更の仕方について「Looopでんき」のスマホでの申し込み画面で、説明させていただきます。

あくまでも参考として「Looop」でんきを参考にさせていただいた次第です。他意はございませんので、悪しからずご了承くださいませ。PC画面で申し込む方にも役立つ部分はございます。ただ、画面が違います。スミマセン・・・

 

「最重要」用意するもの:検針票

先に「検針票」もしくは「自身が契約している電力会社のマイページ」に記載されている「供給地点特定番号」「契約番号(お客様番号)」「契約電力単位数(契約容量)」をご確認下さい。

これさえあれば、既に電力会社を変更できたと言っても過言ではありません!!

f:id:mimu1048:20191014175352j:plain

 

f:id:mimu1048:20191014175410j:plain

 

手順

流れとしては「重要事項の確認」「現在のご契約内容の入力」「お申込者情報の入力」「支払情報入力」「内容の確認」という順番になっています。

f:id:mimu1048:20191014173122j:plain

 

1.重要事項の確認

この下記の写真の画面で、「電気供給約款の内容」「重要事項説明書」「個人情報の取り扱い」の3つの項目にチェックを入れます。

f:id:mimu1048:20191014173746j:plain

 

2.現在のご契約内容の入力

管轄エリアでは、自分の住んでいるエリアを選択します。

電力事業者にて、現在利用している電力会社を選択します。

私の場合は、「楽天でんき」ですので「楽天株式会社」を選択。ナンデモザイクカケタシ

次に、「供給地点特定番号」「契約番号(お客様番号)」「契約電力単位数(契約容量)」が必要になりますので、検針票やマイページに書かれている通りに記入していきます。

f:id:mimu1048:20191014175754j:plain

 

3.お申込み者情報の入力

ここでは、住所、連絡先(電話番号、メールアドレス)、申込者との関係、用途などを入力していきます。

特に用意するものは、ございませんのでご安心ください。

住所を忘れてしまった場合は、保険証や免許証を用意しましょう。

f:id:mimu1048:20191014181437j:plain

 

4.支払情報入力

ここで会員IDが表示されるので、メモしたり、スクリーンショットをして下さい。

会員IDを忘れても再登録が可能ですが、メモなどをしておくにこしたことはないでしょう。

Looopでんきはクレジットでの支払いしか出来ません

口座引き落とし現金での支払いは対応していませんのでご注意下さい。

f:id:mimu1048:20191014182425j:plain

 

5.確認

最後に、今まで入力した情報に間違いがないかの、内容の確認になります。

よろしければ、確認ボタンをおして、完了すれば電力会社の変更終了となります。

お疲れ様でした。

 

まとめ

この記事で重要なのは、「検針票」に書いてある「供給地点特定番号」「契約番号(お客様番号)」「契約電力単位数(契約容量)」の確認ですね。

この3つあれば、楽々と電力会社を変更することが出来ます。

この記事が、参考になれば幸いです。

 

電力会社の比較の仕方も記事にしましたので、参考にして頂けると嬉しいです。

mimu1048.hatenablog.com

 

ここからは余談になりますので、ブラウザを閉じて頂いても構いません。

 

Looopでんきのメリット、デメリット

メリット

電気使用量が多いとお得

一人暮らし(30A契約、120kwh使用の場合)=年間900円安くなる

二人暮らし(30A契約、300kwh使用の場合)=年間1080円安くなる

四人家族(40A契約、350kwh使用の場合)=年間7000円安くなる

このように電気使用量が多いと安くなります。

この辺は過去の電気使用量を把握しておくのが大事です。

 

デメリット

一人暮らしは若干割高

クレジットでしか支払えないこと。

 

イメージだとこんな感じです。※あくまでもイメージです。

f:id:mimu1048:20191014185324p:plain

 

その他

・携帯代のように解約金はかからず、電力会社の変更は無料で行えます。

・現在使用している電力会社への解約届も不要です。

スマートメーター」と呼ばれる新しいメータへの取り換えも無料です。かつ、立会いも不要です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村